感染症対策製品に関連した よくある質問を以下にまとめました

クリーンパーティションについて

Q1

HEPAフィルタとファンを搭載したパーティションタイプの装置で、A~D型の4種類があります。
装置の上部にHEPAフィルタ、下部にファンを搭載しています。

Q2

診察室、病室、待合室、休憩室、更衣室等、各所で御使用頂いております。

Q3

A_BA、B型はクリーン仕様(綺麗な空気を吹き出すタイプ)です。クリーン仕様は装置前面よりきれいな空気を吹出します。

A型とB型では空気を吸い込む面が異なり、A型は装置の背面から、B型は装置の前面から室内の空気を吸い込みます。

C型、D型は汚染除去仕様(汚染された空気を吸い込むタイプ)です。
汚染除去仕様は装置前面より室内の空気を吸い込みます。

C型とD型では空気を吹出す面が異なり、C型は装置の背面から、D型は装置の前面から空気を吹出します。

Q4

B型(D型)は装置の前面から室内の空気を吸い込むタイプです。
クリーンパーティションの背面に壁や障害物がある場合(スムーズに空気を吸えない場合)に適しております。

Q5

A(吹き出す=プッシュ)型とC(吸い込む=プル)型を組合せた配置です。
診察室での使用例として、医師側にA型、患者側にC型を配置し、医師側より清浄な空気が供給され、患者側より吸い込む気流をつくります。

Q6

A型とC型を向い合わせて設置、推奨距離は2m以下となります。
医師、患者の真後ろに配置する場合に比べ、斜めに配置する方が気流の妨げにならないため、斜め配置を推奨いたします。
推奨位置への設置とともに、飛沫等の飛散防止用の仕切りを備えた、オプションフレーム(診察・検体採取ブース)もございます。

Q7

プッシュプル配置で推奨の斜め配置が出来ない場合でも一定の効果を期待出来ます。配置の際、極力気流を妨げない配置を推奨致します。

Q8

プッシュプル配置が推奨ですが、単独で設置した場合でも一定の効果を期待出来ます。
   
単独で設置する場合、診察室の例として、A型を御使用の際は医師の斜め後ろ(背面)へ配置、C型を御使用の際は患者様の斜め後ろ(背面)への配置を推奨致します。

Q9

HEPAフィルターです。

Q10

フィルターを取り外す前にアルコール噴霧等による除染を行い、取り外したフィルターは各自治体の指示に従い処分を行ってください。

フィルターの取り外し(交換作業)の手順は、Q11「HEPAフィルター交換方法を教えてください」の動画を御参照ください。

Q11

クリーンパーティション(ACP-897CH)のHEPA交換作業を動画でご覧いただけます。
その他機種(ACP-897AH、BH、DH)も同様の作業手順で交換作業が行えます。

クリーンパーティション HEPA交換作業(5分53秒)

介護施設関連

Q1

厚労省の資料の抜粋を掲載しております。その1つに、居室に据える陰圧装置と簡易的なダクト工事等があります。

Q2

当社Webサイト「感染症対策製品」のページを御参照ください。
簡易陰圧装置(パッケージ式排気ユニット:PEU)、陰圧ブース(TIB)等があります。

PEUPEU

医療機関・薬局関連

Q1

新型コロナウイルス感染症への対策品として、設備機器等の購入に関する補助金があります。

Q2

厚労省の資料の抜粋を掲載しております。その中に「新型コロナ疑い患者とその他の患者が混在しないよう、動線の確保やレイアウト変更」等も加わっております。

Q3

HEPAフィルタ付空気清浄機(陰圧対応可能なもの)やHEPAフィルタ付パーティション等が対象となっています。当社Webサイト「感染症対策製品」の頁を御参照ください。「診察・検体採取用ブース」や、簡単に動線を分けられる「陰陽圧クリーントンネル」等もあります。

陰圧ブースについて

Q1

現在、TIB-2618N(折り畳み式)とTIB-2618S2(お客様で組立を行えるセルフセッティング式)があります。いずれもベッド周りを囲う陰圧型のブースです。
    

Q2

TIB-2618Nは折り畳み可能なフレームを使用しており、不要な場合フレームは付属の袋に収納出来ます。排気ユニットとしてクリーンパーティションのC型がブース側面に取付き、ブース内を陰圧に保ちます。CDC推奨値の-2.5Paに維持することも可能です。
   

TIB-2618S2は折り畳み式ではありませんが、お客様で組立、分解が可能なタイプです。排気ユニットとして、ブース天井部にHEPAフィルタ取付き、ブース内を陰圧に保ちます。折畳タイプと同様にCDC推奨値の-2.5Paに維持することも可能です。

Q3

折り畳みが可能なTIB-2618Nを推奨しております。

Q4

TIB-2618Pというタイプがございます。フレームは折り畳み可能で、不要な場合フレームは付属の袋に収納出来ます。給気ユニットとしてクリーンパーティションのA型がブース側面に取付き、ブース内を陽圧に保ちます。
     

簡易陰圧装置(PEU-20)について

Q1

最大で約20m³/minを処理出来、陰圧化と室内の清浄化を同時に行える装置です。約20m³/minの内、約4m³/minがHEPAフィルタを介し屋外へ排気され、残りの約16m³/minはHEPAフィルタ介し室内へ循環します。陰圧化とともに部屋の清浄化が行えます。(ただし、陰圧度は部屋の気密性によります。)

診察・検体採取ブースについて

Q1

クリーンパーティション(A型とC型)をプッシュプル形に配置し、中間に透明樹脂による仕切りパネルを設けた装置です。

仕切りパネルにはグローブの装着が可能で、診察や検体採取場所における、飛沫等の飛散防止用として簡易に設置が可能です。
天井面は透明樹脂パネル、側面は透明ビニールカーテンが付き、ブース形状となり、より効果的な飛散防止が行えます。

Q2

標準仕様では、仕切りパネルへ付属品のロングタイプのグローブが1双取付きます。

 ■使用例1)付属グローブ(本体グローブ)のみで使用し、適宜グローブ外面へ
       エタノールを噴霧。
       (本体グローブは消耗品です。劣化や破損の恐れがある場合、適宜交換ください。)

 ■使用例2)付属グローブ(本体グローブ)の外側へ「使い捨て手袋」を装着し、
       診察毎に「使い捨て手袋」のみを交換。
        ※「使い捨て手袋」はお手持ちの手袋を御使用頂く例も御座います。
          下記等は弊社でも販売しております。

【「使い捨て手袋」を重ねている例:ニトリルグローブ(Lサイズ)】
https://www.airtech-shop.com/shop/item_detail?category_id=587988&item_id=2663937

※Lサイズを御選定ください(Mサイズでは重ねての装着が困難です)。

Q3

手袋を装着される方の他に、別の方のサポートが必要です。
本体グローブへ手を入れた状態で、別の方が仕切パネルの反対側より「使い捨て手袋」を装着ください。
グローブへエタノールを噴霧頂くと若干装着し易くなります。

Q4

既にお使いのクリーンパーティション(ACP-897AH型とACP-897CH型)のプッシュプル配置に対し、後付けが可能です。
本製品を御使用頂くことで、クリーンパーティションをプッシュプル形で推奨位置に配置可能です。

Q5

標準の診察・検体採取ブースには、クリーンパーティションA型とC型を各1台含んでおります。
既にお使いのクリーンパーティション(ACP-897AH型とACP-897CH型)を御利用頂く場合、ブース部分のみの販売が可能ですので、御注文の際はお申し付け下さい。