採痰ブース

結核検査のための採痰時に利用されるブースで、室内は陰圧に維持されます。ブースからの排気は、HEPAフィルターでろ過され、無菌空気として排気されます。
ブース内で発生した咳や痰は、ブース内陰圧のため外部に流出しません。

製品のポイント

  • ブース内は、陰圧が維持されており、内部から咳などの流出はありません。
  • ブースからの排気は、HEPAフィルターでろ過され、無菌化され放出されます。
  • 不使用時は、殺菌灯により内部表面を殺菌します。

規格・仕様について

型式
ALF-902S
集塵効率
0.3μmにて99.99%以上*スキャン合格品
集塵要素
HEPAフィルター
処理風量
大風量モード:約11.5m³/min、静音モード:3.0m³/min *5段階切換
電源
AC100V 1φ 50/60Hz
消費電力
約150VA
照明
20W ×1
殺菌灯
15W
有効寸法
W890×D1085×H1920mm
構造
本体、フレーム:鋼板製角パイプ及び鋼板製焼付塗装仕上げ、
クリーンパーティション:鋼板製焼付塗装仕上げ、
扉:アルミサッシ、床:SUS304 ヘアーライン仕上げ
オプション
テーブル(SUS304 ヘアーライン仕上げ)

寸法図

ALF-902S
製品についてのお問い合わせ 03-3872-6611